免許合宿を選ぶメリット

免許合宿は、自動車教習所の近くのホテルなどで、泊まり込み、教習を受けるため、通学に比べて早く免許を取ることができます。最短だと14日程度で免許を取ることができるため、学生に人気があります。大学生は、春休みや夏休みが長いので、その期間を利用して免許合宿に参加をします。毎日受ける教習のスケジュールが決まっているため、自分で教習の予約を取る必要もありません。朝から夕方までぎっしり教習があるので、運転が上達しやすいというメリットがあります。そして、免許合宿に参加をしている人たちと仲良くなることができます。免許を取る人の多くは20歳前後の若者なので、歳も近く仲良くなりやすいです。しかも、通学に比べて料金が安いです。オートマ限定だと、宿泊費や食費が込みで20万円以内というプランもあります。友人やカップルで参加をする人もいます。

休みがあるかないかを調べて免許合宿を決める

ほとんど休み無く運転の練習をしなくてはならない場合と、ある程度の休みがあり運転の練習をする場合に分かれます。これは免許合宿をする方が考えなくてはならない部分になります。1日に練習できる時間は決まっていますが、なるべく早く免許を取得したいと考えている方は、休みが無い方が良いと考えてしまいます。休みが無い場合もそれなりにメリットはありますが、できれば休みがある免許合宿を選ぶようにしましょう。教習所に通うと言う事は、慣れない事をするので、精神的に疲れてしまいます。そのため休みが無いと運転をする事が嫌になってしまう場合もあります。ある程度休みがあれば、運転に疲れてしまってもリフレッシュする事ができるので、気持ちを切り替える事ができます。少しだけ期間が長くなってしまいますが、休みがある免許合宿を選ぶ事をおすすめします。

免許合宿が安い理由とメリット

免許合宿は、宿泊費や食事の費用、交通費がセットになっているため、普通に通学で免許を取るよりも料金がとても安いです。少子化のため、地方の自動車教習所では、教習生の数が少なくなっています。安い料金で他県の人にも通ってもらうことで教習生の数を増やすことができます。そして、免許合宿では、学校側が卒業するまでのスケジュールを決めて、その通りに動いてもらうため、管理しやすく、コストを下げることができます。通学の場合は、夏休みや春休みは教習生の人数が多くなかなか予約が取れないということもありますが、合宿の場合はスケジュールがあるので、予約を取る必要もないです。通学だと卒業するまでに、最短でも1ヶ月以上かかりますが、合宿だと、早ければ半月程度で卒業することができます。毎日自動車に乗るため、運転感覚を忘れることがないため上達も早いです。